メニュー

      Vapeという嗜好品と、マイベストリキッド。

      こんにちは。街づくり行政書士の遠藤です。

      今日は、嗜好品であるベイプ(VAPE)について書いていこうと思います。

      タバコの代わりにVAPE?

      私は普段タバコをほとんど吸わないタイプの人間でして、居酒屋に行った際の付き合いとか、眠くてどうしようもない時などに数本吸う、くらいに嗜んでおりました。ちなみにお酒はまったく飲めません。

      タバコをあまり吸わないとはいえ、公共空間ではほぼ全面的に吸えなくなってしまった昨今、なんとなく窮屈な気持ちになることも多くなりました。眠たいから吸おう、と思っても、吸う場所すらないのです。

      アイコスやグローのような電子タバコも独特のトウモロコシ臭が気になりますし、端末代やランニングコストもそれなりにするので、選択肢には入りませんでした。

      そこで吸い始めたのがVAPEです。タバコとは吸いごたえや感覚はまるで違う別物ですが、好みの味や香りを選びやすい、という趣味性もあり、徐々にハマっていったのでした。

      なんかヤバそう、なVAPE

      VAPEの世界は傍目からは「怪しい」「危ない」「健康に悪い」というイメージで捉えられがちかもしれません。

      「リキッド」や「吸引」といったワードが既に危なっかしいし、大麻草の成熟した茎や種子から製造されたカンナビジオール(CBD)が同じサイトで売っていたり、何も知らない初心者からすれば「怪しさ」しかないのがVAPEの世界です。

      コンビニですぐ買えて、封を切り、箱から取り出して火をつけたら吸えるタバコとは、とっつきにくさに雲泥の差がある上に、いざ興味を持って調べてみると「なんか」危なっかしい。そんな危なそうなモノをわざわざ購入し試してみるわけですから、吸っている当事者である私も「なんか」危なっかしい人として見られているのかもしれません。

      確かに見た目は怪しいですが、変なものを吸っているわけでもなく、面白い嗜好品のひとつ、だと私は思います。

      自分の好きなリキッドについて

      タバコにたくさんの種類があるように、VAPEにもたくさんの種類があります。好みは人それぞれ、ということで、私の好みのVAPEリキッドをいくつもご紹介したいところなのですが、、

      今まで100種類ほどリキッドは購入しているのですが、しっくりくるのは4つです。。

      ※私はMTL、1Ω〜1.2Ωあたりで吸うことが多いです。(Bishop MTL RTA、Aspire Nautilus Prime X等)

      AZHAD’S ELIXIRS Balkan

      フルーティーな、本格タバコフレーバー。

      アザドエリクサーズの「DISRILLATI」(蒸留の意)シリーズは、本物のタバコ葉から味を抽出しているようで、かなり本物に近い味わいを楽しめます。

      一番有名なリキッドはラタキア+トルコ+バージニア葉の「10,000」ですが、こちらは甘味が無く、かなり癖ツヨなテイスト。「バルカン」はラタキア+バージニア葉で、こちらも癖ツヨなのですが、甘さを感じる分、結構吸いやすいです。

      キック感は無いので本物のタバコとはもちろん違いますが、ニコチンも入っていないしタールも入っていないし、健康的にタバコの味わいを楽しめる商品としては、かなり完成度が高い一品です。

      私のオススメレシピ

      バルカン単体でも十分に美味しいんですが、あまりに吸いやすくて物足りなく感じることも。

      私は、バルカン:10000=1:1の割合で混ぜ、そこにメンソールを添加しています。バルカンの甘みは弱くなりますが、10000の癖が強くなり、メンソールのキック感が加わるので、吸いごたえがある上に美味しさがアップします。で、後述のバッファロー・ビルを3〜4滴加えると完成。タバコ感を失うことなく甘味をアップできます。

      飽きが来ることもなく、メンソールで目も醒めるし美味しいし、洋服にも車にも匂いが付着しないし…ということでADV(all day vape)としてはもってこいなカクテルに。オススメです。

      Mod & World Tark’s Select Reserve Buffalo Bill

      すっかり表舞台から消えてしまったが、ひっそりと吸い続けられているリキッド。

      60mlで6000円overと、あまりに高価格帯ゆえに、買うことさえ躊躇してしまう一品。円安の影響で驚くほどの価格帯となっています。私が数年前、VAPEに手を出した頃に出会い、そこからの長い付き合い。もう何年吸っているのでしょうか。

      2023年あたりから、3500〜3600円/60mlで新生Select Reserveを購入できるようです。こんなに安く手に入る時代が来るなんて…(泣)

      Made in U.S.Aのリキッドですが、桔梗信玄餅の黒蜜が使われているんじゃないかと思わせる、喉奥からカーッと這い上がる深い甘さが特徴。巷では「たばこ・葉巻系」リキッドに分類されているようですが、個人的にはあまりタバコを感じることはありません。強いて言うなら「黒蜜系」リキッドです。ハチミツに形容する人も多いですが、べったりした甘さはありません。

      バッファロー・ビルは値段が値段なので、これ以外のリキッドをこれまで何十種類と試してみましたが、代替できそうなものはまだ見つかっていません。後味の複雑さはあったとしても味自体は結構シンプルであり、似て非なる他のリキッドは本商品と比べると味の主張が強すぎて、落ち着いて吸うのには向いていないと個人的には思います。比較されることの多いリーパーブレンドは吸ったことがないままに終売となってしまいました。

      イロモノ感がなく落ち着く味は、それをもってひとつの特徴と言えるでしょう。複雑系リキッドと評されることの多いバッファロー・ビルですが、細かすぎるが故にドットが見えないレティナディスプレイのように、私にはシンプルに感じてしまいます。不思議と飽きることもなく、数年間変わらずに常飲しているのは、ただこの1本のみ。タバコ系リキッドはたくさんあるのですが、ナッツ感をここまで感じないリキッドは少ないかも。

      「好き嫌いがはっきり分かれる」とか、「癖が強い」とか形容されることが多いリキッドですが、信玄餅くらい万人受けされる味だと思うけどなあ…、と内心では思っています。

      自分のなかでちょっと腑に落ちないのは、「タバコ系というより葉巻系」という評価。それなりにタバコも葉巻も吸ってきましたが、バッファロー・ビルはタバコとも葉巻とも少し遠い存在です。少なくとも灰皿感はなく、「リアルなタバコ」とは趣向の違う商品です。

      Ghost Bus Club TRE GOCCE

      TRE GOCCE – Ghost Bus Club【Kemyuriオリジナルセット】/ VAPE リキッド 電子たばこ (TRE GOCCE, 20ml + VGリキッド30ml)
      Kemyuri

      ゴーストバスクラブの「トリゴッチェ?」というリキッド。

      タバコ系リキッドと言われていますが、本当にタバコ?なリキッド。甘さは控えめですが感じられます。ずーっと吸っていられるリキッド。Vapeなので衣服や壁紙に匂いが付着するのは一緒ですが、それでも他リキッドに比べればかなりマシな方。飽きが来ないですね。

      このリキッドは少し特殊で、本体の20mlと、VGリキッド30mlがセットで販売されています。混ぜ合わせて50mlにしてから吸うのですが、私はVGリキッド15mlに、ノンフレーバーのカフェインリキッド15ml、そこにリキット工房の「ICE MENTHOL」を数滴混ぜて作成しています。眠たい時に吸えば目が覚めるリキッドに変貌します。

      created by Rinker
      プルプラ\ploo∞+
      ¥980 (2024/04/15 12:21:11時点 Amazon調べ-詳細)

      しつこいですが、このリキッドはかなり美味しい。

      「甘味料添加物を一切使用しない終日合成タバコフレーバー。最も要求の厳しいベイパーのために。」と商品説明にありますが、それなりに甘く、苦味や灰感は皆無。かと言ってRY4系のナッツ感や、ベタッとしたキャラメル、カスタード感もなく、吸った後の衣服に付着する香りもそこまで甘くありません。タバコフレーバーを謳ってはいますが、タバコっぽさもなく、この美味しさを別に表現する言葉を私は持ち合わせていません。

      バッファロー・ビル同様、味に気品がある。欠点としては、バニラカスタード系ほどではありませんが、匂いが服や車に付着する点です。上品な残り香ですが、非喫煙者には「甘い!」と一瞬で気づかれます。ウィークポイントはそれくらいの、オススメな1本です。

      Ghost Bus Club PRIVATE RESERVE

      PRIVATE RESERVE – Ghost Bus Club【Kemyuriオリジナルセット】/ VAPE リキッド 電子たばこ (PRIVATE RESERVE, 20ml + VGリキッド30ml)
      Kemyuri

      同じくゴーストバスクラブから「プライベートリザーブ」がエントリー。

      「繊細なタフィークリームを使ったフルボディの合成 タバコフレーバー。バニラカスタードとバニラアイシングシュガーの甘いダスティング。すべて5ヶ月間熟成。」と商品説明にはありますが、こちらもタバコフレーバーなのか??という感覚です。

      Wikiによればタフィー(トフィー)とは、「バター(と場合によっては小麦粉)と糖蜜または砂糖を加熱(転化糖を生成)して作る菓子である。材料は、150 – 160℃(300 – 310°F)のハードクラックキャンディになるまで加熱する」そうで、キャラメルに似たもののようです。

      こちらはTRE GOCCEと異なり、バニラカスタード系の甘さの主張が激しく、濃厚な甘さが特徴。加えて、若干のアルコール感もありますね。何がタフィークリームなのかは謎、ですが、RY4系のナッツ系ではなく、こちらもプライベートリザーブのように黒蜜きなこ系の甘さに近いような気がします。吸うと香りが洋服に付着するので要注意。

      ナッツ系が苦手だけど甘いスムースなフレーバーがほしい、という方にはおすすめの1本。

      その他手を出したリキッドのご紹介(一部)

      MATADOR(マタドール)

      マタドールはバッファロー・ビルと同じく、タークスセレクトリザーブの一種で、葉巻系複雑リキッド。こちらもそれなりの甘さを感じますが、バッファロー・ビルのような素直さには欠け、癖のある味わいです。

      強調すべきは葉巻感。数あるリキッドの中でもかなり強く意識させる味、葉巻そのものというよりも「そこに葉巻がある」感を味わえる、美味しいリキッドです。

      国内で入手するには30mlで3500円前後と、相当に高価なリキッドとなってしまっており、ちびちび味わうしかないのがデメリット。

      Black Note Quartet ブラックノート ラタキア

      ラタキアタバコ味を再現したリキッド。全くと言っていいほど甘さはありません。十分に灰皿感は楽しめるが、どこか鰹節臭を感じてしまい、単体だとギブアップ。アザドエリクサーズと併せるといい感じに使えます。

      HAKATA WAVE Authentic Tobacco

      「本当にタバコっぽい」ということで有名な博多ウェーブさんのオーセンティック。確かにタバコっぽいのだが、葉巻系リキッドを吸い続けている身からすると、なんか水っぽいというか、薄く感じてしまう。灰感はそれなりにあり、少し薄く甘みを感じるイメージです。

      MK VAPE Original SMOOTH SMOKING V2

      葉巻風味で多少の甘さのあるリキッド。開封したてだと、さして旨味を感じにくく、甘さも控えめな分、味が薄いと錯覚しがちに。時間をおいてまた吸ってみたいと思います。

      FLOWER WHISPER No.2 / FLOAT GARDEN No.2 100ML by LOVENESS

      オレンジとグリーンのリキッド。 各種レビューのとおり、香水に近いものを感じるが、テールドエルメスのような透き通った香りではなく、甘さに寄っている。開封直後と日を置いたリキッドに香りの差を感じやすい。グリーンのリキッドにどこかメロンを感じてしまう。草木感はそこまで強くない。

      BaksLiquidLab Garden

      「緑と花が生い茂る香りを表現」とのことで、たしかにちょっとした草感を感じる。エルダーフラワーの香りも好き。ただ、Atman感がすごい。あくまで「緑と花」は草原感であって、ヒノキやユーカリのような森林感はなく、ライトに吸える感じ。めちゃ美味しい、とはならず。

      タークスセレクトリザーブの「ヴァン・ゴッホ」にも、どこかガーデン感を感じることがあります。

      RipeVapes PrivateReserve VCT Black

      バニラカスタードタバコの代表格、VCTの90日間オーク樽で熟成させたハイラインVer。洋酒感もあって美味しいが、ナッツ感が強くて断念しました。

      Five Pawns CASTLE LONG RESERVE

      FivePawns Castle Long Reserve – MMXXII リミテッドエディション キャッスルロングリザーブ ファイブポンズ リキッド 電子タバコ タバコ系フレーバー vape ベイプ【ニコチン0 タール0】 [R-14]

      こちらもオーク樽3週間熟成品。VCT Blackよりも落ち着いて吸えるナッツ&バニラタバコ、といった趣。こちらも美味しいっちゃ美味しいが、やはりナッツ感が気になるところ。

      Witchers Brew Blackbird

      有名な黒鳥ですが、自分の舌に合わず。タバコとコニャックとシトラスのミックスとのことですが、鼻から抜ける香りがなんか人工物っぽく、美味!とはなりませんでした。味の複雑さが自分のビルド環境だと裏目に出て方向性を失っている印象。残念。

      Tom Klark’s Grober Schurke

      説明文で衝動買い。

      天然タバコ抽出物を精巧に調整し、バージニア、ラタキア、ケンタッキーの 3つの伝説的なタバコ品種の純粋なエッセンスを組み合わせています。 ラタキアのスモーキーなスパイシーさ、ケンタッキーのしっかりとした特徴、金色のバージニアの葉の甘さがあります。 とても快適で調和がとれ、穏やかにクリーミーでありながら、しっかりとしたスパイシーさもあります。

      Tom Klarks Schurke | Vaper’s Nest

      ブラックノート、アザドエリクサーズといったタバコ抽出系と比べると、うーん、、という印象でした。説明の通り、クリーミーなんですよね。ただ、タバコ抽出系の良さがあまり際立っていないというか、「クリーミー」がダビドフの紙巻きを吸ったようなクリーミーさではなく、コーンポタージュのクリーミーなんですよ。私の口には合いませんでした。

      今後の教訓

      「黒蜜きなこ系タバコリキッド」であるリーパーブレンド(吸ったこと無いけど)無き後、私の知るまともな「黒蜜きなこ系タバコリキッド」はBuffalo Billのみ。今後探求するなら黒蜜系かな…。

      とりあえず、自分の苦手な「ナッツ系」には、今後手を出さない。どんなに美味しいリキッドでも「ナッツ」を少しでも感じると頭のなかにピーナツを思い浮かべてしまいます。私の中でナッツ系はおしまいです。

      そして、迂闊に他リキッドに手を出さない。

      Buffalo Billを超えることを期待して各種リキッドに手を出してしまうわけですが、自分が好む味で価格以外にさしたる不満もないリキッドを上回る低価格リキッドなんて、そうそう無いのが現実。

      とりあえず、私のなかではコスパのTRE GOCCE、味のBuffalo Bill。手に入る間はしばらくお世話になり続けたいと思います。

      ではまた!

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!