電話でお問合せ → ☎ 080-1773-6504

夏のバイクウェアはワークマン+防水スプレーで完璧。

街づくり行政書士の遠藤です。

ふだん、事務所と家のあいだをバイクで往復している&お客さま先にもバイクで伺う機会が多いのですが、困るのが雨。

冬季の雨は厚手のレインコートでも良いのですが、春、夏、秋の温かい季節になると、汗で蒸れるし急な土砂降りに見舞われるし…と、しっかり対策をしておかないとカナーリ不快な思いをすることになります。

そんなこんなで、いつもお世話になっているワークマンで新しい装備を調達してきました。ウーバーなどデリバリー配達員の方にもオススメ装備です。

目次

INAREM(イナレム)ストレッチレインスーツ

こやつ、マジで性能が高いのです…。まず、耐水圧と透湿性能ですが、

・耐水圧20,000mm
・透湿度25,000g/㎡・24h

となっており、ワークマンシリーズではトップレベルの防水性能を誇ります。というより、本格登山・バイクウェアを除けば、トップレベルの性能です。見た目はペラペラの素材ですが、ゴワゴワのAEGISシリーズ(これもAEGISですが)よりも性能が高い。。

GORE-TEX(ゴアテックス)の耐水圧数45,000㎜以上、透湿数13,500g/㎡・24hと比較しても、耐水圧は約半分、透湿性能に関してはなんと上回っています。ゴアは正確な数字は発表していないそうなのであくまで目安ですが、価格にして1/10以下でこの性能は驚き。

実は、まったく同じレインスーツをもう一着すでに所有しており、雨の中で何度か使っていますが、快適性能はピカイチです。難点としては、ファスナー周囲など、どうしても雨が浸透してくる部分があることくらいですかね。

保温性能には期待できず、雨が降ってきた時の温度変化(3〜4度)をカバーしてくれるイメージになります。冬には向きませんが、夏の暑い時期には重宝する一品です。

INAREM(イナレム)アーバンシェルパンツ

上記のストレッチレインスーツにもレインパンツが付いてくる(上下セットで4900円)のですが、今回はアーバンシェルパンツを購入。

上:INAREM(イナレム)レインパンツ(上下セット品 / 別売価格:1900円)
下:INAREM(イナレム)アーバンシェルパンツ(2500円)

レインパンツは腰回りは「紐」だけで固定していますが、シェルパンツはバックルで固定。ポケットも防水ファスナー付で便利。「直ばきできる」という売り文句の通り、履き心地はかなり良いです。

メインにアーバンシェルパンツを使うので、余るレインパンツは非常時用として、バイクに常備する予定です。

WindCore(ウィンドコア)制菌シェルジャケット+バッテリー・ファン

左:WindCore(ウィンドコア)制菌シェルジャケット(3900円)
右:WindCore(ウィンドコア)15V対応ファン&15Vバッテリー・充電器セット (合計11880円)

こちらが一番高い買い物、になります。合計なんと16000円!

バイクで風を感じるのに空調服なんている!?と思われがちですが、夏の日照り下の渋滞、という最悪の状態に効力を発揮してくれるのが、この空調服。全身メッシュ素材で風をよく通し、長袖のため日焼けを防ぐことができます。

腰のあたりに空調ファンを設置できるようになっており、別売のファンとバッテリーを取り付けます。15Vバッテリーを使えば、連続稼働時間は最長15時間にも。

試しに使ってみましたが、15時間使える最弱モードでもかなりの風量を感じました。最強設定でも3時間連続して利用できますが、ドローンを飛ばしている時のような甲高い羽音が鳴り響くのであまり使おうとは思いません(笑)

防水スプレーは透湿素材OKのものを!

created by Rinker
ヘンケルジャパン(Henkel Japan)
¥564 (2022/05/20 20:41:34時点 Amazon調べ-詳細)

透湿防水素材にも使えるのは、シリコン系ではなく、フッ素系。シリコン系は表面をコーティングするイメージなので、透湿しなくなっちゃうんですよね。イメージとしては、シリコン系は防水、フッ素系は撥水。

フッ素系は2000円超えの靴の手入れメーカーのスプレー(高価)が多いですが、ロックタイトさんが出している超強力防水スプレーは500円台で購入可能です。我が家はコレ。

同じロックタイトさんが出している防水スプレーに「長時間」というパワーアップ版がありまして、こちらも我が家では常備しています。たしかに持続力はあるし水もよく弾くのですが、フッ素系&シリコン系の合せ技なので、やはり透湿素材にはあまり使いたくありません。

長時間」は梅雨みたいに「朝から晩まで雨!」とか「1日台風!」とか、「透湿なんか気にしていたらこっちがやられちまうぜ!」みたいな日に仕方なく使うのが吉、で、普段はノーシリコンの上記スプレーが良いかな、と思います。

どちらにしても防水スプレーの効果はすぐに無くなってしまうので、SDGsには反していますが安いスプレーを気兼ねなく使う、というのが正しい使い方のようです。

普段や小雨:LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml DBS-420
梅雨や台風:ロックタイト超強力防水スプレー長時間420ml

そんなこんなで、今日はワークマンウェアの紹介でした!ではまたー!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

遠藤 諒のアバター 遠藤 諒 行政書士

海城高校、同志社大学経済学部卒。システムエンジニア、コワーキングスペース店長、地域おこし協力隊を経て、行政書士に。

仕事を通じて「地域を誇りに思える街づくり」に携わっていきます。

目次
閉じる