電話でお問合せ → ☎ 080-1773-6504

キャンピングやベランピングで使うガス缶は何がベスト?

ガス缶だけで、50種類以上もあるって知ってました? ホームセンターやスーパー、Amazonや楽天で買うことのできるガス缶って、実は優に50種類以上。中身が同じでもデザインが異なるものも含めると、100種類以上のガス缶が世の中にはあります。 値段、デザイン、性能。いろいろあり過ぎて、何を選んだらいいか分かりにくいのが実情。今回は、ガス缶の選び方の基本から、おさらいしていこうと思います。

前提:アウトドアには、アウトドア缶がベストだけど…。

アウトドア(OD)缶
カセットボンベ(CB)缶

よくスーパーやコンビニでも見かける、カセットガス缶(=CB缶)。それともうひとつ、山登りの方々に愛され続けている、「アウトドア缶」、通称OD缶があります。CB缶と、OD缶、見た目は全然違いますが、使い方はどちらも一緒。料理をしたり、飲み物を温めるために使います。

ハードな使い方をするなら、OD缶。家で使うなら、CB缶で十分。

OD缶は、名前の通り、「アウトドア用」のガス缶です。どこらへんがアウトドア用かというと、 ・寒冷地でも火がつくガスが使用されている ・簡単に潰れない(壊れにくい) ・火力が比較的強い といった特徴がOD缶にはあります。CB缶は、その筒のような構造上、ガスの圧力にそこまで耐えられないので、圧力の高い種類のガスをほとんど入れることができません。

CB缶、OD缶は、接続部分の形状が違うよ。

CB缶、OD缶の間には、互換性がありません。接続部分の形状が違うので、間違って買わないように注意しましょう。 バーナーやコンロを買うとしても、CB缶用、OD缶用がそれぞれ販売されています。ちなみに、CB缶同士、OD缶同士には互換性のあるものが多いですが、万が一事故が起こった時、賠償責任の所在がわかりにくくなる等、問題があるとのこと。 万が一、を防ぐためにも、道具はできるだけ同一メーカーのものを使ったほうが良さそうですね。

家で使うなら、カセットガス缶でもOK!(冬以外は)

もし、ベランダやお庭でちょっとコーヒーを作ったり、スープを温めるくらいの使い方であれば、カセットガス缶でも全然問題ありません。ただし、カセットガスの種類によっては、冬場に付きにくいものもあるので、冬にベランピングをする場合は、性能のよいCB缶、あるいはOD缶から選んだほうが良いかもしれませんね。

まず、ガスの中身だけはしっかり押さえておこう!

ガス缶に使われているガスの種類は、たったの3種類。ブタンガスと、イソブタンガス、そしておなじみのプロパンガスです。価格が安いのは、一番沸点が高い、ブタンガス。次にイソブタン、そして一番高コストなのがプロパンガスです。 プロパンガスのほうが知名度的にはメジャーなのですが、圧力が一番高いので、缶をより丈夫に作る必要があり、ガス缶として購入すると一番高価格になります。

夏なら、ブタンガスで全然OK!!

カセットガス缶を、価格の安い順に並べてみました。

気温が10度以上ある温暖な場所であれば、ブタンガス100%のガス缶でOKです。カセットガス缶を、価格の安い順に並べてガス1gあたりの価格で比べると、圧倒的に安いのが、東海から発売されているコン朗のガスボンベです。カセットガス1本120円と、あまりに安すぎて心配になりそうですが、ホームセンターでも売っているポピュラーな商品です。とにかく一番安いのがいい!という方にオススメ。

秋冬は、イソブタンメインで安い、東邦ゴールドがベスト・バイ!

寒い季節、特に外気温が5度を下回るような寒い時期に使うのであれば、イソブタンがメインのカセットガスがオススメです。氷点下にならなければ、普通のカセットガスでも着火するとは思いますが、火力が低下しがち。ちょっと値が張りますが、楽しいひとときのために、確実に使えるモノを用意しておきましょう♪イワタニのパワーゴールドも同様にオススメです。

created by Rinker
東邦金属
¥708 (2022/01/27 19:50:45時点 Amazon調べ-詳細)

OD缶なら、PRIMUSノーマルがコスパ最強。

冬場に使うなら、Colemanがコスパを考えて一択か。

「Super」の印字されたコールマンの純正イソブタンガス燃料Tタイプは、なんとイソブタン90%、プロパン10%という優れモノ。標高2000mや北海道の最北端みたいな場所で使うわけでなければ、こちらのガス缶で十分かもしれません。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥1,051 (2022/01/27 19:50:48時点 Amazon調べ-詳細)

極寒で俺はコーヒーを作りたいんだ…という方には。

寒さ対策を第一に考えるのであれば、ムカストーブ等のガソリンバーナーを使う、という方法もあります。(最後に少しだけ説明します)

まあ、ベランピングでは必要ないかと思います…笑


カセットボンベ缶にオススメのバーナーは?

登山やキャンプには興味がないけど、ちょっとしたアウトドア気分を楽しみたい…。それであれば、OD缶ではなくCB缶で道具を用意するのもアリ、ですよね。

CB缶用のバーナーとして一番売れているのが、イワタニのジュニアコンパクトバーナーです(私も愛用しています)。とりあえずこれさえあれば、飲み物から料理まで一通り作れちゃう優れもの。

created by Rinker
Iwatani
¥3,680 (2022/01/27 18:20:52時点 Amazon調べ-詳細)

カセットコンロでも、カッコいいのが売っている。

最近めちゃくちゃ売れているのが、イワタニから発売されているカセットコンロ タフまるJr。重たいダッチオーブンも載せられるので、鍋パーティーを友だちや家族とやりたい!なんて方にオススメ♪

ちなみに、イワタニから発売されてるカセットガスだと、ノーマルのブタンがメインのカセットガス(よくコンビニで見かけるやつ)と、イソブタンが30%の配合の、寒冷用カセットガス(ゴールド)の2種類が販売されています。

アウトドア缶にオススメのバーナーは?

OD缶で道具を揃えれば、そのまま登山やキャンプ道具としても使えるのが利点。

OD缶向けの装備をとにかく安く揃えるなら、キャプテンスタッグシリーズがオススメです。カインズやジョイフル本田などのホームセンターでも取り扱っている、大手メーカーです。バーナーは4500円前後で手に入れることが可能。他メーカーより2〜5割ほど割安です。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥3,150 (2022/01/27 19:50:46時点 Amazon調べ-詳細)

キャプテンスタッグシリーズは、とにかく製品種類が豊富。BBQにピッタリのツーバーナーシリーズも手に入ります。
また、夜風にあたりながらベランダでランタンを楽しむのも乙なもの。ガス缶で使えるランプなんかも用意しておくと、雰囲気も一気に良くなるかもしれませんね。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥9,401 (2022/01/28 05:57:19時点 Amazon調べ-詳細)

また、ツーバーナーのストーブをはじめから用意しておくのもアリです。自宅のコンロと同じように扱え、調理するのに重宝します。

カップルや家族世帯であれば、ツーバーナーのほうが見栄えもして楽しいかもしれません。

ガソリンバーナーという方法も。

カセットガスではなく、あえてガソリンを使って調理をする、という方法もあります。ガソリンは揮発性が高く、引火点は-38℃。プロパン並に寒さに強く、もっぱら寒冷地で使うのであれば、いっそのことガソリンバーナーを使うのも選択肢としてアリです。

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥24,800 (2022/01/27 19:50:48時点 Amazon調べ-詳細)

SOTOのムカストーブや、ストームブレーカーを使うと、自動車用のレギュラーガソリンや、ホワイトガソリンを燃料に調理をすることができます。ムカストーブはガソリンだけですが、ストームブレーカーは、OD缶とガソリンを併用できます。

ガソリンバーナーはカセットガスより扱いが面倒ですが、燃費(コスト面)では圧倒的に安く、とても経済的。防災面でも、バイクや自動車と同じレギュラーガソリンを燃料にできるので、いざという時に重宝しますよ!

庭でよく一人飯を楽しんでいる遠藤でしたー。
ではまたー!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

遠藤 諒のアバター 遠藤 諒 行政書士

海城高校、同志社大学経済学部卒。システムエンジニア、コワーキングスペース店長、地域おこし協力隊、議員秘書を経て、行政書士に。

仕事を通じて「地域を誇りに思える街づくり」に携わっていきます。

目次
閉じる